「視線入力」サポート強化へ 無料アプリ開発の島根大研究室がCF

 重い障害があっても、視線入力装置を使ってパソコンを操作できるアプリを開発、無料で提供している島根大の研究室が、サポート体制の構築や関連機器開発のため、ネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)に乗り出した。視線入力は、肢体が不自由な子どもの意思疎通の機会を広げる手段として、主に口コミで全国の...

残り 1110文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR