九州に「線状降水帯」予測情報、今夜からあす午前警戒 全国初の発表

 気象庁は15日午前、九州北部と南部で、15日夜から16日午前にかけて短時間で集中豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生する可能性があると発表した。線状降水帯は発達した積乱雲が帯状に連なる現象で、局地的な豪雨になる恐れがある。災害が起きる危険性が急激に高まるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、16日正午までに予想される24時間雨量はいずれも多い所で、熊本250ミリ▽福岡、佐賀、長崎、大分150ミリ。線状降水帯が発生した場合にはさらに雨量が増える可能性がある。

 線状降水帯の予測情報は今年6月から運用を始め、発表されたのは全国で初めてとなる。(梅沢平)

◆   ◆

【河川カメラ:諏訪川(大牟田)】

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

松永瑠美展

  • 2022年8月1日(月) 〜 2022年8月9日(火)
  • ギャラリー風

PR