タカの黒瀬が再び支配下契約 背番号は「126」から「12」へ

 ソフトバンクは28日、育成の黒瀬健太内野手(24)と支配下選手契約を結んだと発表した。背番号は126から12に変更され、年俸は650万円。会見で「素直にうれしく思っている。やっと戻ってこられたという気持ち」と笑みを浮かべた。

 初芝橋本高(和歌山)で高校通算97本塁打の黒瀬は2016年にドラフト5位で入団。1軍出場がないまま18年オフに戦力外通告を受けた。19年からは育成として再出発し、今季ウエスタンで打撃好調だった。黒瀬は「(特長は)長打力なので、ホームランをたくさん打って、打点を挙げたい」と力を込めた。 (金額は推定)

関連記事

PR

PR