千賀痛恨…どすこい被弾で首位陥落 「西武打線がフォーク見極めていた」

 ◆ソフトバンク2-5西武(29日、ペイペイドーム)

 マウンドから見上げた強烈な打球は左翼席中段に突き刺さった。先頭のオグレディのソロで追い付かれた四回。さらに2死一、二塁とされ、ソフトバンク千賀が投じた高めのカットボールは、西武4番山川に完璧に捉えられた。左翼手グラシアルが最初から追うことすら諦めた一打は3ラン。左翼方向を見つめ、千賀は顔をしかめた。

 「自分の感覚としては悪くはなかった」。この日の投球をそう振り返った千賀だが、相手主砲に浴びた一発はあまりにも痛い失点となった。

 前半戦は2位西武と0・5ゲーム差の首位でターン。後半戦開幕は、いきなりの首位攻防戦となった。エースにとってシーズン開幕、交流戦明けに続いて託された3度目の大事なマウンド。だが初回にもいきなり3安打を集中されて1点を失うなど、精彩を欠いた。

 序盤から球数がかさんだことも要因。藤本監督は「西武打線が千賀のフォークを見極めていた」と指摘した。千賀は変化球でストライクを取ることに苦労し、降板した五回までに要した球数は112球。1試合5失点と2被弾はともに今季最多で、被安打8も今季最多タイだ。

 3連敗で首位を西武に明け渡した。エースで落とす想定外の後半戦スタート。「また明日やり直すしかないですよね」。藤本監督は普段以上に切り替えを強調した。 (倉成孝史)

関連記事

PR

PR