ホークス勝負の8月、先発8人態勢 石川が2日先陣

 ソフトバンクは2日の日本ハム戦(旭川)から26試合が組まれている8月の戦いに臨む。首位西武と0・5ゲーム差の2位につけているが、5位ロッテとの差もわずか3ゲーム。ペナントの行方を左右する「夏の陣」に先発8人態勢で挑む。

 最下位の日本ハムには現在4連敗中で、通算でも7勝8敗と負け越している。大事な3連戦は石川、東浜に続き、4日は武田が今季初先発する予定だ。ここまで中継ぎで6試合に登板し、防御率1・35をマークするなど状態は右肩上がりだ。

 先発ローテについて斎藤投手コーチは「千賀、石川、東浜、大関の4人は基本線」と説明した上で、「和田は毎週投げるのは体的にしんどい。レイ、杉山、武田も含めた4人で二つ(の先発枠)を回していきたい」と説明。日本ハム初戦に先発する石川は「勝ちに結びつく投球をするだけ。状況を見ても、とやかく言う時期ではもうない」と言い切った。 (長浜幸治)

関連記事

PR

PR