【独自】コロナ融資詐欺容疑の市議、自ら別の「詐欺グループ」複数結成

 新型コロナウイルスで業績が悪化した福祉施設などへの公的融資制度を巡る詐欺事件で、逮捕された大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)が共犯のメンバーとは別のグループを複数つくり、現金を詐取する事件を繰り返していた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。県警は、吉羽容疑者が議員の立場を利用し、主体的に犯行に関与したとみて調べている。

 他に逮捕されたのは、大阪市中央区、自称無職渡部秀規容疑者(48)ら4人。

 捜査関係者によると、吉羽容疑者は元々、渡部容疑者に協力する形でグループに加わり、市議の名刺を示して医療機関などを信用させる役割を担っていた。その後、自ら別のグループを結成し、知人の紹介で知り合ったブローカーを介して、経営が苦しい医療機関などにうその融資話を持ちかけるようになったという。

 両容疑者は金銭の分配を巡ってトラブルになっていたとされ、昨年2~3月ごろ、渡部容疑者が「(吉羽容疑者らに)1億数千万円を盗まれた」と福岡中央署に相談。県警が窃盗事件として捜査を進める中で、両容疑者らが独立行政法人「福祉医療機構」(東京)の融資制度の仲介を装い、手数料名目で福祉施設や医療機関から多額の現金を詐取していた疑いが浮上。事件発覚につながった。

 吉羽容疑者らは2020年7~12月、福祉医療機構の融資制度を巡り、堺市の福祉施設に「融資金の半額を支払えば、返済不要になる」などとうその説明を行い、1億2千万円の融資を受けさせ、仲介手数料の名目で現金約6千万円を詐取した疑いで逮捕された。県警は、吉羽容疑者らが福岡県や大阪府などで十数件、同様の行為を繰り返し、計十数億円を受け取っていたとみている。

 県警は2日、吉羽容疑者らを送検した。(山本諒、小川勝也、田中早紀)

関連記事

逮捕の市議はどんな人物なのか

新型コロナウイルスを巡る融資制度を悪用したとして、詐欺の疑いで福岡県警に逮捕された大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)は2007年以降、3回当選。市議会最大会派「ねやがわ未来議員団」の所属だが…

 

福岡県の天気予報

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR