児童が発案、育てた作物販売してカンボジアに学校建設 26年間で6校も

 熊本県芦北町は国際交流事業の一環として、カンボジアに小学校を建設する資金を贈る取り組みを長く続けている。児童らが栽培した農作物の販売収益やバザーの益金を地道に募り、26年間で現地に6校を建設。今年4月にはトップ同士が約20年ぶりに再会し、フン・セン首相から途上国の教育の質向上に貢献する活動に謝意が伝えら...

残り 770文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR