法廷で見た介護者の孤独

 認知症の人と家族の会県支部の神原千代子代表は指摘した。「誰でも彼のようになる可能性がある」。「彼」は自宅で介護していた祖母を殺した殺人の罪に問われた▼法廷で明らかになったのは認知症の祖母から昼夜問わず食事の要求や暴言を繰り返された日々。やがて、心は壊れた。「ばあちゃんの目が光って悪魔に見えた。退治...

残り 124文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR