タカ・大関投手、精巣がん疑いで手術 復帰時期は未定

 ソフトバンクは3日、大関友久投手(24)が左精巣がんの疑いで、2日に福岡市内の病院で左睾丸(こうがん)の高位精巣摘除術を受けたと発表した。先週末ごろから同部位のしこりを感じ、1日にがんの疑いがあると診断された。競技への復帰時期などは未定。

 現時点で転移は確認されておらず、早期発見という見方が示さ...

残り 239文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR