未来へ残る被爆ピアノ 鶴丸哲雄

 室内に置かれた重さ220キロもある物体が一瞬で飛ばされ、壁にバーンとたたきつけられる-。それほどの威力を持つ風を想像できるだろうか。

 その爆風は1945年8月6日、広島原爆の爆心地から約1・8キロにあった民家を、熱線と共に襲った。壁にたたきつけられた物はピアノである。...

残り 973文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR