九州宿泊稼働指数2カ月ぶり上昇 7月、九経調推計

 九州経済調査協会が4日発表した7月の宿泊施設の平均稼働指数(推計値)は、九州が前月比4・6ポイント増の48・8で、2カ月ぶりに前月を上回った。全国は2・6ポイント増の45・8で、3カ月ぶりの上昇。新型コロナウイルスの流行「第7波」が広がった一方、政府による行動制限がなかったことなどから全国12地域のうち8地域で前月を上回った。...

残り 295文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

開催中

松永瑠美展

  • 2022年8月1日(月) 〜 2022年8月9日(火)
  • ギャラリー風

PR