久留島武彦の記事、資料集に 金記念館長が明治・大正の新聞から収集

 玖珠町と町教育委員会は同町出身の童話作家久留島武彦(1874~1960)が明治・大正期に新聞で取り上げられた記事をまとめた資料集(A5判、410ページ)を発行した。久留島研究の一次資料としての活用を期待している。

 「日本のアンデルセン」と称される久留島は生涯、国内外で口演活動を行い、著名人との交...

残り 708文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

開催中

松永瑠美展

  • 2022年8月1日(月) 〜 2022年8月9日(火)
  • ギャラリー風

PR