鳴る神さま【天気の缶詰 吉竹顕彰9】

 百〓先生も雷さまがこわいという。内田百〓は随筆「沙書帳(すながきちょう)」の中で、空襲の怖さより雷さまのほうがより怖く「雷なんかこわくないと云う人は心得違いであって、天変地異に対しては、すなおでなければいけない」という。私はまさにその通りと相槌(あいづち)を打ち、自分の雷嫌いに免罪符を与える。夏の...

残り 792文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR