なぜ対馬の仏像は狙われるのか? 盗難事件から10年 背景に価格高騰

大澤信さん寄稿

 2012年10月に長崎県対馬市で起こった仏像盗難事件から10年が経過する。盗まれた仏像2体のうち1体は2015年に返還され、もう1体の観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつざぞう)(観音寺、長崎県指定有形文化財)は、現在韓国政府が保管、その所有権をめぐって韓国の浮石寺が韓国政府に引き渡しを求め、今なお裁...

残り 1461文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR