白黒写真をAIがカラー化、昭和の鞍手の暮らしを「リアル」に

 鞍手町歴史民俗博物館(同町小牧)が、人工知能(AI)を使って昭和の暮らしや町の行事などを記録した白黒写真に彩色し、当時の様子をリアルに再現した写真パネルを本館ロビーなどに展示している。

 写真は町民などから寄贈されたもの。同館は5月からAIによる彩色ツールでカラー化を進めている。

...

残り 535文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR