博多駅筑紫口の駅前広場が完成 歩行者用に230メートルの屋根

 福岡市とJR九州が再整備していたJR博多駅筑紫口の駅前広場(博多区)が完成し、5日、広場で完成式典が開かれた。

 再整備は市の再開発促進事業「博多コネクティッド」の一環で、一部が共用だったタクシーと一般車両の乗降場を分け、歩行空間の幅を広げて混雑を緩和。...

残り 183文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

松永瑠美展

  • 2022年8月1日(月) 〜 2022年8月9日(火)
  • ギャラリー風

PR