流水型ダム計画に抗議、市民団体が蒲島知事回答受け文書提出

 球磨川の支流川辺川への新たな流水型ダムを含めた国土交通省の河川整備計画案に対し、蒲島郁夫知事が「異存なし」と回答したことについて、ダム建設に反対する「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」(中島康代表)が5日、県庁で蒲島氏宛ての抗議文を提出した。

 抗議文では、整備計画の原案に対す...

残り 273文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR