湯煙に宿る記憶紡ぐ 現代美術家の塩田さん、別府の空き店舗に作品展示

 湯煙や人々が暮らした痕跡から着想を得た美術展が5日、別府市中心部で始まった。ベルリンを拠点に世界的に活躍する現代美術家の塩田千春さん(50)が、JR別府駅近くの空き店舗2カ所を展示会場として活用し、それぞれにインスタレーション作品を制作した。「巡る記憶」がテーマで、糸などを用いて場所に染みついた人...

残り 826文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

大分県の天気予報

PR

PR