被爆者なき時代が近い夏

読み捨てられた新聞紙をふやかして食べていた。死んだ仲間はごみと一緒に焼かれた-。この夏、広島平和記念資料館で被爆者川本省三さんの「証言」を聞いた▼疎開中だった小学6年の時、広島に投下された原爆で家族を失った「原爆孤児」。頼れる身寄りもなく、11歳から住み込みで働いた。店主に認められて家を持ち、23歳...

残り 423文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR