『小説・弁護士のしごと』 霧山昴著

 福岡県弁護士会所属の弁護士が、実際にあった依頼や事件を基に、弁護士の役割や仕事ぶりを描く。著者名はペンネーム。実名で登場する関係者もあり、小説の形式を取ってはいるが「実録」に近い。親権者の変更、借金、不当逮捕、労働災害と扱う事件は幅広く、「黙秘権は黙否権ではない。否定もしない」など随所に、半世紀近...

残り 76文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR