『沖縄「平和の礎」は いかにして創られたか』  高山朝光、比嘉博、石原昌家編著

 太平洋戦争末期の沖縄戦では日本国内で唯一、住民を巻き込んだ地上戦が行われ、約20万人の人命と貴重な文化財が失われた。本書では沖縄戦の全戦没者の名前を国籍や軍人、民間人の区別なく刻み、1995年6月23日の「慰霊の日」に合わせて除幕された「平和の礎」(沖縄県糸満市)の計画から完成を、建設に携わった当...

残り 115文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR