『この村で』 大城貞俊著

 著者は1949年、沖縄県大宜味村出身の詩人・作家。沖縄戦で生き残った「ツルおばあ」のその後の人生を記した「ふるさと」、少年の命がたくましく躍動する「ハニク川」、訳あって東京から生家に戻った女性の心模様を描いた表題作の「この村で」など7作を収録。独特の歴史と文化、信仰が息づく集落・ヤンバルに生きる人...

残り 51文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR