井上荒野著『生皮』 未だに血を流す体と心

 書くことが好きだった咲歩は何も書けなくなった。7年前に起きた性被害が彼女の「声」を奪ってしまったからだ。被害の記憶から逃れられない咲歩が「こんなのはおかしい」と、週刊誌に告発をするところから物語ははじまる。

 加害者は、咲歩が通っていた小説講座の講師月島。講座から芥川賞作家を輩出していることもあり...

残り 507文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR