『宝ヶ池の沈まぬ亀』 青山真治著

 著者の青山真治さんとは生前親しくさせていただいた。亡くなる13日前が最後のメールのやりとりになった。俳優の川津祐介さんの追悼寄稿を病床で書いていただき、その微修正の伝達だったが、容体の悪さを感じさせぬ、いつもの明晰(めいせき)な文面だったので、訃報は青天のへきれきであった。

 この知的な映画監督・...

残り 273文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR