台風8号、10日福岡最接近 九州上陸の恐れ

台風8号の影響で風が強まる中、那覇市の国際通りを歩く女性たち=8日午前10時10分 拡大

台風8号の影響で風が強まる中、那覇市の国際通りを歩く女性たち=8日午前10時10分

台風8号の強風で根元から折れた街路樹=8日午後、那覇市

 大型で強い台風8号は8日、沖縄本島や宮古島付近を通過し、猛烈な風が各地で吹いた。気象庁は沖縄本島地方に暴風と波浪、大雨の特別警報を発表するなどして、最大級の警戒を求めた。10日には強い勢力を維持しながら九州に最も近づき、上陸する恐れもある。

 沖縄県では8日、渡嘉敷村で最大瞬間風速53・0メートル、那覇市で50・2メートルの猛烈な風を観測。宮古島市や宜野湾市など19市町村は一時、約24万世帯の約59万人に避難勧告を出した。

 福岡管区、鹿児島地方両気象台によると、鹿児島県薩摩、大隅地方が8日夜、風速15メートル以上の強風域に入った。福岡県は筑後地方が9日昼前にも強風域に入り、県内への最接近は10日となる見通しだ。

 今後、勢力はやや弱まるが、9日から10日にかけて九州南部を中心に九州全域で大荒れの天気となる見込み。梅雨前線の影響で九州は既に大雨に見舞われており、土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 9日夕までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、鹿児島県と宮崎県200ミリ、大分県と熊本県150ミリ、長崎県100ミリ、福岡県と佐賀県80ミリ。

 台風8号は9日午前0時現在、東シナ海を時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の南東側310キロと北西側170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。

=2014/07/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ