避難勧告は土石流10分後、長野 町長「予測できず」

土石流の被害を受けたJR中央線の線路(上)や建物=10日午前、長野県南木曽町 拡大

土石流の被害を受けたJR中央線の線路(上)や建物=10日午前、長野県南木曽町

 一家4人が巻き込まれ、中学生1人が死亡した長野県南木曽町の土石流災害で、町の避難勧告が土石流発生の約10分後だったことが10日、町への取材で分かった。宮川正光町長は「役場付近の雨は強くなかった。土石流の発生は予測できなかった」と話した。

 町長によると、9日午後5時半ごろから、副町長らと接近中の台風8号に備えるため協議していた。同40分ごろに国土交通省から土石流発生の連絡を受け、同50分、町内の673世帯1645人に避難勧告を出した。

 長野地方気象台によると、町にある観測点で雨が観測され始めたのが土石流発生の約2時間前だった。

PR

PR

注目のテーマ