北海道は非常に激しい雨も 台風8号、温帯低気圧に

 台風8号は11日午前、関東の東の太平洋上で温帯低気圧に変わった。周辺では強い風が吹いているほか、今後も暖かく湿った空気が日本海から延びる梅雨前線に影響を与え、北海道は局地的に1時間で50ミリの非常に激しい雨になる恐れもあり、気象庁は引き続き警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、12日正午までの24時間予想雨量は北海道で120ミリ。これまでに降った雨で地盤が緩んでいる所もあり、土砂災害への警戒も必要としている。

 台風は千葉県富津市付近に上陸した後、房総半島南部を横切って太平洋上へ出た。各地の雨量は、11日未明までの3時間で静岡県伊豆市39・5ミリなど。

PR

PR

注目のテーマ