梅雨末期豪雨に警戒を 13日から前線再び影響、九州北部中心

 梅雨前線と南からの湿った気流の影響で、九州地方は13日から広い範囲で雨になる。九州北部を中心に16日ごろにかけて局地的に大雨となる恐れもあり、梅雨末期の豪雨に十分な警戒が必要だ。

 福岡管区気象台によると、13日は九州北部に再び梅雨前線が延び、九州付近に停滞する見通し。13日午後6時までの24時間予想雨量は、九州北部(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本5県)のいずれも多い所で150ミリ。13日に降る1時間当たりの最大雨量も、50ミリの非常に激しい雨が予想される。

 九州はこれまで、梅雨前線や九州南部を横断した台風8号による雨で、7月の月間降水量の平年値を既に超えた所も多い。これから大雨に見舞われた場合、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫への警戒が不可欠になる。

 一方、マリアナ諸島付近の熱帯海域では12日午後、台風9号が発生。勢力を強めながら西に向かって進んでおり、気象台は、今後の動きを注視している。

=2014/07/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ