熱中症で生徒ら22人搬送、熊本 高校野球の応援

 熊本市消防局によると、17日午後1時ごろ、熊本市の藤崎台県営野球場で全国高校野球選手権熊本県大会の試合観戦をしていた市立千原台高校の生徒ら15人が熱中症の疑いで救急搬送された。試合前に球場に歩いて向かっていた同校の生徒2人と、試合後、学校に戻った生徒5人にも熱中症の疑いがあり、病院に運ばれた。計22人のうち3人が入院した。

 高校によると、この日は同校が出場し、全校生徒で試合を応援する予定だった。病院に搬送されたのは1~3年の女子生徒20人と男子生徒1人、観戦していた保護者の50代女性1人。

 熊本地方気象台によると、熊本市では最高気温33・1度を記録した。

PR

PR

注目のテーマ