寒気流入で北陸中心に大雨 21日も警戒を

 東北と東日本は20日、上空に寒気が流入した影響で大気の不安定な状態が続き、富山県魚津市では同日朝までの24時間雨量が観測史上最多の252・5ミリを観測するなど、北陸を中心に各地で大雨となった。

 21日も東日本から西日本にかけて、大気の不安定な状態が続く見込みで、気象庁は大雨や土砂災害、河川の氾濫などに警戒を呼び掛けた。落雷や突風などにも注意が必要としている。

 20日の各地の1時間雨量は、魚津市が79・5ミリに達したほか、福井県坂井市が56・5ミリ、福井市が52・5ミリの激しい雨。岡山市も46・0ミリ、福岡県添田町が40・5ミリなど各地で大雨となった。

PR

PR

注目のテーマ