台風12号、沖縄付近を通過へ 強風と大雨に注意を

 大型の台風12号は31日、沖縄の南海上を発達しながら北北西へ進んだ。気象庁によると、同日夕から8月1日未明にかけて沖縄本島付近を通過するとみられる。

 風速25メートル以上の暴風域はないが、1日には沖縄や鹿児島の奄美地方で非常に強い風が吹く見込みで、気象庁は注意を呼び掛けている。海上も大しけになるとみられ、警戒が必要とした。

 台風が接近する沖縄や奄美のほか、暖かく湿った空気が流れ込んでいる九州南部では、大気が不安定になって積乱雲が発生。雷雨や1時間に50ミリの激しい雨が降るところもある。

PR

PR

注目のテーマ