四国、増水の吉野川で1人不明 各地で避難の指示や勧告

 台風12号の影響で四国は3日も大雨が続き、土砂崩れや河川の増水のため、各地で避難指示や避難勧告が出され、浸水被害も相次いだ。徳島県美馬市の建設現場では、建設資材の回収をしていた東京都青梅市の大手ゼネコン鹿島社員須藤豊さん(40)が増水した吉野川に流され、行方不明になった。

 徳島県では午後7時までに、阿南市など2市1町の約1500人に避難指示、4市5町の約5万7500人に避難勧告が出された。床上浸水は31棟にのぼった。

 午前7時半ごろには、阿南市の「YMCA阿南国際海洋センター」が、土砂崩れで県道が通行できなくなり孤立。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ