大気不安定で大雨や落雷 被害相次ぐ、台風は北上

土砂崩れに住宅が巻き込まれた現場(左)。土砂は近くを走るJR山陽本線にまで流れ込んだ=6日午後2時30分、山口県岩国市で共同通信社ヘリから 拡大

土砂崩れに住宅が巻き込まれた現場(左)。土砂は近くを走るJR山陽本線にまで流れ込んだ=6日午後2時30分、山口県岩国市で共同通信社ヘリから

 東北や中国地方を中心に6日、前線や南からの暖かく湿った空気の影響などで大雨となった。愛知県などでも大気が不安定になり、雨雲が発達して停滞。レーダーの解析によると、名古屋市守山区や周辺で1時間に80~100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を出した。

 落雷や土砂崩れなどによる被害も各地で相次ぎ、愛知県扶桑町の高校で野球の練習試合中の2年生の男子生徒(17)が落雷に遭い、心肺停止となった。広島県三次市では水路に転落した男性(80)が死亡。

 台風11号は午後3時現在、沖縄県・南大東島の南約300キロの海上を時速約15キロで北上。

PR

PR

注目のテーマ