ひまわり8号を打ち上げへ 10月7日、次期気象衛星

次期気象衛星ひまわり8号が、地球の軌道上から観測データを送る様子をイメージしたCG画像(三菱電機提供) 拡大

次期気象衛星ひまわり8号が、地球の軌道上から観測データを送る様子をイメージしたCG画像(三菱電機提供)

 気象庁は7日、次期気象衛星ひまわり8号について、10月7日午後に種子島宇宙センターから打ち上げると発表した。気象観測に用いる衛星の打ち上げは、現在運用しているひまわり7号の2006年2月以来。

 ひまわり8号では、観測結果をカラー合成した衛星画像が見られるようになる。7号で30分ごとだった観測も10分ごとに短縮し、日本付近は2分半ごとの観測も可能。雲の画像は従来の5種類から16種類へ大幅に増加し、解像度も倍になる。

 鮮明なデータを頻繁に集めることが可能になり、台風や大雨などの災害に関する予報の精度向上が期待される。

PR

PR

注目のテーマ