台風11号、大東島に最接近 8日は九州南部や奄美へ

台風11号の影響で沖縄県与那原町の海岸に打ち寄せる波=7日午後4時28分 拡大

台風11号の影響で沖縄県与那原町の海岸に打ち寄せる波=7日午後4時28分

 台風11号は7日、強い勢力を保って沖縄県の南大東島に最接近した後、さらに北上を続けた。風速25メートル以上の暴風域に入った大東島地方では最大で50メートル近くの瞬間風速を観測。鹿児島県でも島部を中心に同20メートル前後の風が吹き、周辺の海域は猛烈なしけとなった。

 気象庁によると、8日にかけて九州南部や奄美地方に近づき、さらに西日本へ向かって、太平洋側を中心に非常に激しい雨になる見込み。台風の速度が遅いことから、影響が長引く恐れもあるとしている。

 台風12号の影響で記録的な大雨となった四国も8日から再び局地的に雷を伴う大雨となる見込み。

PR

PR

注目のテーマ