台風11号、9日最接近 九州南東部で大雨の恐れ

台風11号の強風で、奄美大島では、県道の街路樹が折れた=8日午後4時10分ごろ、鹿児島県奄美市名瀬浜里町 拡大

台風11号の強風で、奄美大島では、県道の街路樹が折れた=8日午後4時10分ごろ、鹿児島県奄美市名瀬浜里町

 強い台風11号は8日、勢力を保ったまま、鹿児島県・奄美大島の東の海上をゆっくりと北上した。9日には九州南部に接近し、四国を経て中国地方へ進む見通し。鹿児島、宮崎、大分、熊本、福岡各県は同日朝から夜にかけて暴風域に入り、多いところでは1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。

 8日は鹿児島県の奄美地方の一部が暴風域に入った。気象庁によると、9日午後6時までの24時間予想雨量は、多いところで宮崎、大分両県300ミリ▽鹿児島県250ミリ▽熊本県200ミリ▽福岡県100ミリ。その後の24時間でも九州南東部を中心に150~300ミリの大雨が続く見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は鹿児島、宮崎両県で35メートル(50メートル)、豊後水道付近で30メートル(45メートル)など。

 台風は8日午後6時現在、奄美大島の東約210キロの海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。

 この影響で航空各社は8、9日に九州を中心に発着する200便超の欠航を決めた。

=2014/08/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ