九州国博・クリーブランド美術館展 入場3万人を突破

 太宰府市の九州国立博物館で開かれている米国・クリーブランド美術館所蔵の名品を紹介する特別展(西日本新聞社など主催)の入場者が8日、3万人を超えた。節目の入場者となった東京都在住のタイ人留学生、ブラナオソット・ナッタポーンさん(26)=写真左=に、主催者から同展の図録など記念品が贈られた。

 ナッタポーンさんは「福岡の友人の所に遊びに来ていて、日本美術を学びたいと来館しました。3万人目になれてうれしいです」と話した。

 同展は31日まで。同美術館の優れた日本美術コレクションの中から、「龍虎図屏風(りゅうこずびょうぶ)」(雪村周継、16世紀)など51件を展示している。


=2014/08/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ