高校野球2日延期、対応追われる 台風接近で異例の事態

 9日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕予定だった第96回全国高校野球選手権大会は台風11号接近の影響で、開幕から初めて2日連続の全試合中止という異例の事態となり、応援団など関係者は対応に追われた。

 開幕戦を戦う春日部共栄では生徒ら約650人の応援団が21台のバスで8日に埼玉県を出発。関西まで到着した9日早朝に延期が決まり、引き返すことになった。10日に再度向かう。小南久芳教頭は「バスの手配などでどたばたです」と困惑した様子だった。

 同じ開幕戦の龍谷大平安(京都)の応援団は出発前に中止を知ったが、2試合後の日大鶴ケ丘(西東京)の応援団約400人は引き返した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ