台風11号、日本海を北上 各地に大雨、高知千ミリ超 

 台風11号は10日、高知県に上陸して四国を北上した後、兵庫県に再上陸して近畿を縦断、北陸沖を経て日本海を進んだ。西日本を中心に続いた大雨は弱まったが、高知県では総雨量が千ミリ超の地点も出た。気象庁は三重県に出していた大雨の特別警報を全て解除した。

 被害も続き、高松市の増水した川などで見つかった4人の死亡が確認されたほか、9日に岐阜県各務原市の川で流された男性も亡くなり、台風の影響とみられる死者は計9人になった。10日に確認された負傷者は50人で、京都市などでは2人が行方不明になった。

 和歌山県新宮市の熊野川、徳島県阿南市の那賀川では氾濫が起きた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ