人気絵本「スノーマン」展 福岡市で31日まで

■優しい物語の魅力を紹介 週末は着ぐるみも登場 
 
 あの優しい物語の世界で遊ぼう‐。人気絵本「スノーマン」の魅力を紹介する展覧会が31日まで、福岡市・天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで開かれている。

 スノーマンは1978年、英国の絵本作家レイモンド・ブリッグズさんが出版。命が宿った雪だるまと少年の冒険と別れの物語を絵のみで表現し、世界的なベストセラーになった。82年にアニメ映画化され、アカデミー賞にもノミネートされた。

 展覧会は映画の続編「スノーマンとスノードッグ」の公開を記念して企画。会場では絵本の原画18点を含むアニメの絵コンテなど約100点を展示している。

 会期中、土・日曜の午後2時~同2時半、会場にスノーマンの着ぐるみが登場。撮影会(1日30人限定・カメラ持参)もある。家族や友人へのメッセージを書いた専用ポストカードをクリスマスシーズンに届けるサービスも行っている。会場でポストカード(枚数限定)と切手の購入が必要。

 入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。会期中無休。アルティアム=092(733)2050。


=2014/08/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ