韓国文化を体感

 出演したのは、韓国の伝統的な楽器を使った演奏(サムルノリ)の国際大会優勝経験者や無形文化財履修者を含む7人と、志免町などで韓国の伝統芸能を学ぶ11人。特に無形文化財履修者の申周娥(シン・ジュア)さんらの美しい舞踊=写真=は観客を魅了した。

 同舞楽団は「アジアとの交流」を掲げる九博のオープンセレモニーに出演したのをはじめ、折に触れて九博で公演している。今回は、来年1月に九博で開催される「古代日本と百済の交流」展に向け、韓国の伝統文化の魅力を知ってもらう願いも込めて催された。


=2014/08/14付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ