日本海側の前線停滞、大雨の恐れ 土砂災害に警戒呼び掛け

 気象庁は15日、日本海側に延びた前線の影響により、東日本から西日本の各地では16日にかけ、局地的に1時間に40~50ミリの大雨が降る恐れがあるとして、河川の増水や土砂災害などに警戒を呼び掛けた。竜巻や落雷にも注意が必要とした。

 気象庁によると、東シナ海から西日本や北陸を通り、東北南部へ延びた前線が16日にかけて停滞。周辺に暖かく湿った空気が流れ込むことで、大気の不安定な状態が続く見通し。

 15日の1時間雨量は、長崎県で平戸市が79・5ミリ、松浦市が70・5ミリの非常に激しい雨を観測。岩手県二戸市や高知県佐川町、岐阜県高山市でも40ミリ台の雨が降った。

PR

PR

注目のテーマ