降水量、9月以降は少なめ 気象庁が3カ月予報

 気象庁は25日、9~11月の3カ月予報を発表した。8月は相次ぐ台風や前線の影響で西日本を中心に記録的な大雨となったが、9月以降は降水量が全国的に平年並みか少なめで推移しそうだ。

 降水量は9月に東日本(関東甲信、北陸、東海)の太平洋側で平年並みか多く、ほかはほぼ平年並み。10~11月は東日本や西日本(近畿、中四国、九州)の太平洋側、沖縄・奄美で平年並みか少ない。

 平均気温は9月が全国的に平年並みか高くなり、10月も北日本(北海道、東北)と東日本で同じ傾向だが、11月は再び全国的に平年並みとなる。

PR

PR

注目のテーマ