台風14号が発生、東へ 伊豆、小笠原諸島は注意

 鹿児島県・奄美大島の南の海上で7日、熱帯低気圧が台風14号に変わり、東寄りに進んだ。9日にかけて発達しながら日本の南を東進する見込み。気象庁は沖縄・奄美や伊豆諸島、小笠原諸島では強風や高波に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、伊豆、小笠原諸島では8日は次第に風が強まり、海上はしける。台風は9日、風速25メートル以上の暴風域を伴って伊豆諸島周辺に進む恐れがある。関東から九州の太平洋側もうねりが入るため、高波に注意が必要だ。

 沖縄県・南大東島では7日、瞬間風速28・3メートルの強い風を観測した。

PR

PR

注目のテーマ