台風14号、伊豆諸島へ接近 強風や大雨に注意

 台風14号は8日、日本の南海上を東へ進んだ。今後も勢力を発達させ、9日朝にかけて風速25メートル以上の暴風域を伴って伊豆諸島に接近した後、日本の東海上へ進む見通し。気象庁は、伊豆諸島と小笠原諸島で高波への警戒と強風への注意を呼び掛けた。伊豆諸島では大雨や土砂災害などへの注意も訴えた。

 気象庁によると、伊豆諸島では、付近に停滞する前線の活動も活発となり、9日未明にかけて1時間に40ミリの激しい雨の恐れがある。9日午後6時までの24時間予想雨量は100ミリ。8日夜遅くから9日にかけて非常に強い風も吹き、海上は大しけとなる見込み。

PR

PR

注目のテーマ