台風14号が伊豆諸島接近 高波、土砂災害に警戒

 台風14号は9日、日本の南の海上を東へ進み、接近した伊豆諸島の八丈島では風速20メートル以上の非常に強い風を観測した。海上も大しけとなり、気象庁は、高波への警戒のほか、強風への注意を呼び掛けた。

 伊豆諸島では、積乱雲の発達による落雷や竜巻に加え、1時間に30ミリの激しい雨が降る恐れもあり、気象庁は、土砂災害への警戒も求めた。

 台風は今後、伊豆諸島から遠ざかるが、発達しながら日本の東海上へ移動するため、10日も東日本の太平洋側を中心に海上でうねりや波の高い状態が続く。

PR

PR

注目のテーマ