台風14号、日本の東海上へ 北海道は不安定な大気

 台風14号は9日、日本の東の太平洋上を北東へ進んだ。次第に日本から遠ざかるが、10日は勢力を維持するため、東日本の太平洋側を中心に海上でうねりや波の高い状態が続くとみられる。その後は温帯低気圧に変わる見込み。

 気象庁によると、9日未明から朝にかけ接近した伊豆諸島は、八丈島で風速20・8メートルの非常に強い風を観測し、青ケ島では1時間に36・5ミリの激しい雨が降った。海上も大しけとなった。

 台風は午後6時現在、日本の東海上を時速35キロで東北東へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。

PR

PR

注目のテーマ