大雨要因は七つの積乱雲群の通過 広島土砂災害、気象庁が解析

 気象庁気象研究所は9日、広島市で土砂災害を引き起こした8月20日の大雨について、七つの積乱雲群が次々と生まれた「バックビルディング形成」が起きていたことが要因だったとする解析結果を発表した。

 レーダーの解析では、広島、山口県境付近で19日午後11時45分から20日午前3時15分にかけ、約30分ごとに積乱雲群が発生。連なるように北東へ移動し、長さ約100キロ、幅20~30キロにわたり線状の降水帯をつくった。

 この間、200ミリ超の雨量を記録した広島市安佐北区三入の上空には、七つのうち五つの積乱雲群が通過していた。

PR

PR

注目のテーマ