台風16号が発生 フィリピンの東海上

 気象庁によると、18日午前3時、フィリピンの東海上で、熱帯低気圧が台風16号になった。早ければ21日に、沖縄の八重山地方などが風速25メートル以上の暴風域に入る恐れがある。

 台風は午前9時現在、時速25キロで西北西へ進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。

 台風15号は17日午後9時、中国華南地方で熱帯低気圧になった。

PR

PR

注目のテーマ