比、台風16号通過で5人死亡 20万人が避難

 【マニラ共同】台風16号が通過したフィリピンで20日までに、少なくとも5人が死亡、約20万人が避難所での生活を余儀なくされた。フィリピン国家災害対策本部が明らかにした。

 首都マニラでは、広い範囲で床上浸水などの被害が発生。避難中に2歳の女児が、通りにあふれた濁流に巻き込まれて溺死した。また水浸しになった通りに切れた電線が垂れ下がり、男性2人が感電死した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ